運用担当者に信頼される営業は、クライアントの信頼も獲得する。

カタチのないモノを売る仕事へのチャレンジ。

社会人になるにあたって自分の好きなモノを扱う仕事をしたくて雑貨やインテリアを扱う総合商社に入社。商品企画などにも携わることができたし、仕事自体はとても充実していたのですが、労働時間の長さや休日の少なさに給与が見合ってないと感じて退職を決意しました。

転職にあたって考えたのが、カタチのあるモノを扱う仕事はすでに経験したので、次はカタチのないモノを売る仕事に就けば自分の営業スキルが確実にアップするだろうということ。そんな条件で転職活動をしていた時にクラッチに出会ったんです。二次面接でお会いした中西社長は、経験に裏打ちされた自信に満ち溢れた方だと感じました。この人と一緒に働いたら確実にスキルアップできるだろうし、付いて行きたいと感じさせる人なんですよね。

仲間たちとの信頼関係が、クライアントの信頼につながる。

カタチのないモノを売ったことも、Web業界での経験もない僕が初めて契約まで漕ぎ着けたクライアントのことは今でも忘れられません。先輩がずっと狙っていたけれど会うことすらできなかった企業でした。それがどういうタイミングなのかお会いできて、成約に結びついたんですよね。ビギナーズラックなのか、タイミングってあるんですよね。

そんなクラッチの営業という仕事をやってきて感じるのは、売るのはもちろん自分ですが、クライアントの課題解決のためにチームで臨む仕事だということです。ですからクライアントはもちろん、運用担当者など支えてくれる仲間たちとの信頼関係が大切なんです。

そのため僕は、誰に対してもなるべく誠実に、真剣に、正直に対応するように心がけています。僕となら仕事がしたい、というクライアントをもっともっと増やして、いつかクラッチにとっていなくてはならない人財になりたいですね。

まだまだ整っていない部分もあるけれど、日々成長を続ける会社。

クラッチという会社は、社長はもちろんですが全体的に新しいことにチャレンジする気運に満ちた、いわゆるベンチャー企業っぽい雰囲気のある会社だと思います。僕が入社した頃はインバウンド事業を立ち上げた時期で、そうこうするうちに民泊事業も始まりました。次は何が始まるのか、とても楽しみです。制度面などではまだまだ整っていない部分もありますが、それは逆に言えば常に変化し、進化を続けている証拠なのだと感じます。

最初はきっと業界用語が難しくてチンプンカンプンだと思いますが、僕らもみんなそうでした。用語なんて仕事を続けていれば嫌でも覚えてしまうものですから気にすることはありません。ちょっと楽天的で、負けず嫌いな人がこの仕事に向いているような気がします。まだまだ大きく成長している途中の会社なので、新しいことにチャレンジしたい人にとってはやりがいがあると思いますよ。

WORK SCHEDULE

1日のスケジュール

8:10 出社

朝活で早めに出社しています。主にメール・タスクの確認を行います。

9:20 部内ミーティング

前日の訪問報告や今日の予定を部内で共有したり、クライアント訪問時間までに新規案件の資料の作成などをしています。

11:00 既存クライアントへ訪問

レポートを元に先月の運用結果を報告し、今後の方針をご提案。後半は情報収集という名の雑談タイム。

12:00 外出先でランチ

午後の新規訪問先付近のお店で、クライアントへの提案内容をおさらいします。

14:00 新規クライアント訪問

当然ですが、毎回全力で挑みます

15:30 社内ミーティング

事前に作成した資料を元に、新規案件のキックオフミーティングを開催します。

17:00 資料作成

改善案や社内ミーティング用の事前資料を作成します。

19:00 退社