外国人ならではの視点を忘れず、アンテナを張り、まだ知られていない日本の魅力を世界中の人々に発信したい。

日本の書道に触れて日本への留学を決意。

私が日本に興味を持ったきっかけは「書道」の美しさです。書道のことを知りたくて2007年に短期留学したんですが、暮らしてみて分かったのは、日本人はとても優しくて親切で、日本という国はとても美しいということ。それからさらに日本に対する興味が高まり、「日本で働きたい」と考えるようになりました。一旦インドへ戻って日本語を学び、日本の日本語学校に入学することができたのは2013年のことでした。

卒業後は自動車関連のソフト開発会社で翻訳者として働いたのですが、翻訳以外の仕事も任されるようになって「自分の将来に役立たない」と感じて退職を決意。そんな時にちょうど「IKIDANE NIPPON」でコンテンツ制作スタッフを募集しているのが目に止まったんです。私は日本のことが大好きで日本のいろんなところを旅しているし、SNSにもしょっちゅう投稿しています。これはまさに自分のための仕事だと感じてすぐに応募したんですよ。

明るくて居心地が良く、働きやすい会社。

面接の時のことで印象に残っているのは、面接官がラフな格好だったこと。私にとっては「働きやすそうだな」と感じたんです。面接後にすぐに合格の連絡をいただけて、本当に嬉しかったですね。

働き始めて日々感じるのは、面接の時の印象どおり、クラッチは本当に明るくて、居心地のいい会社だなぁということです。同僚たちも皆優しくて、分からないことは何でも丁寧に教えてくれます。自分の意見も言いやすいし、チャレンジ精神に溢れているところも魅力的。自分の仕事が終わっていれば定時に帰れるところもいいですね。欲を言えば、最近の「IKIDANE NIPPON」のコンテンツは動画がメインになりつつあるので、もし動画編集のプロフェッショナルがいたら、もっと美しくて魅力的なコンテンツを制作できるだろうなと思います。

まだ知られていない日本の魅力を発信中。

私は今、毎日「IKIDANE NIPPON」のFacebookやInstagramで日々外国人向けに日本の情報を発信しています。担当は欧米人向けのコンテンツですが、世界で17万人もの人々がみるものなので、スペルミスなども含めて間違った情報をアップしないようにと、プライベートのSNSとは全く異なる緊張感がありますね。

コンテンツの内容に関しては、欧米人は自分たちとのカルチャーの違いを感じると反響が大きいので、何気ない日本の情報をピックアップして紹介するようにしています。例えば今までアップしたなかでは「電車の遅延証明書」の反響が大きかったんです。そんなもの日本じゃ当たり前だと思うかもしれませんが、日本以外の国ではみたことがありません。ですから常に外国人の視点を忘れることなく、アンテナを高く張りながら生活するように心がけているんですよ。

世界にはまだまだ「寿司」や「忍者」くらいしか日本のことを知らない人は少なくありません。日本で暮らしている外国人の私からすれば、それではあまりにももったいないこと。だから日本を訪れる外国人がもっと増えるように、「IKIDANE NIPPON」に楽しくて美しい記事をどんどんアップしていきます。私の作った文章や動画がきっかけで日本を訪れてくれたり、日本を好きになってくれたりする人がひとりでも増えたら嬉しいですね。

WORK SCHEDULE

1日のスケジュール

9:20 出社

チーム内で朝礼をします。

9:30 メッセージ対応

昨日のフェスブック、インスタグラムタグのコメント、メッセージ対応を行います。

10:30 ネタ探し

フェスブック投稿のネタを探して投稿していきます。

12:30 ランチ

カフェスペースでお弁当食べるか外食しています。

13:30 校正

コーヒー飲みながら、「IKIDANE NIPPON」ウェブサイトの内容校正します。

15:30 リサーチ

動画取材の行先を調べます。

16:30 動画作成

取材データを管理し、動画作成します。

18:30 退社

明日のスケージュルを確認が終わったら、退社します。