すでに私たちの暮らしになくてはならないものになりつつあるインターネットですが、今後もその重要性や可能性は拡大していくと考えられます。その証拠の1つが、広告市場においてすでにテレビに次ぐ規模にまで拡大したWeb広告の注目度の高さです。

そんななかでクラッチが目指しているのは、お客さまにとって最良の一手を提供することです。単に戦略を提案するだけではなく、結果を出すためのあらゆる施策を行うことこそが、クラッチならではの「集客」と「接客」がセットになったWebマーケティング戦略なのです。

そのため、社内組織は緩やかに「集客」と「接客」に分かれ、それぞれが連携して仕事を行っています。「Webマーケティング事業」のメンバーたちは戦略の立案や広告など、Webユーザーの「集客」につながる部分を主に担当し、「ソリューション事業」のメンバーたちはオウンドメディアの構築やLPO施策など、主に「接客」を担当しているのです。

そんなクラッチのWebマーケティング戦略のノウハウを応用して、さらなる市場拡大が見込まれるインバウンド事業への取り組みもスタートしました。今後も視野を広く持ち、スピード感のある事業展開を行っていきます。

ビジネスモデル